アーカイブ | 1月 2017

  • 秋のインフルエンザと熱をタミフルで治療

    現代において、最も大きな影響力を持っている感染症の一つにインフルエンザがあります。インフルエンザウイルスはウイルスとしての生存能力が非常に強いため、ワクチンなどが開発されてもすぐに薬に対する耐性を持ってしまいます。こうした意味でも、インフルエンザと人類の戦いは、感染症治療の発展の歴史でもあるといえるのです。 こうしたインフルエンザの季節流行に対抗する大きな手段として、現状タミフルがもっとも有効であると考えられています。秋口からのインフルエンザの発生は毎年決まって起きるので、備蓄しやすいタミフルは大規模な流行に対しても大きな力を発揮します。インフルエンザの発熱は通常の風の症状によく似ていますが、意識障害などの多くの危険性をはらんでいるのでタミフルによって早めに治療することが望ましいとされます。秋の流行が始まるころでは、まさかインフルエンザになっているとは思わず、通常の風邪薬で治療しようとしがちです。しかし、こうした安易な判断をしてしまうと解熱が遅くなったり、いざというときのタミフルの効き目も低下してしまいます。タミフルは発病後一定の時間を超えてしまうと効果を発揮できなくなってしまうので、インフルエンザだと思ったら早めの処方が推奨されます。秋のインフルエンザはこうした、通常の風邪との混同も大きな問題となりますが、それが原因でウイルスを持ったまま外を出歩くケースも多いとされています。感染拡大を防ぐためにも秋口の熱や、風邪に似た症状に十分注意しましょう。もし、それがインフルエンザウイルスならばあなたが大きな感染源となってしまいます。インフルエンザは重症な場合では非常に危険な病なので、生前の治療を施すことが重要です。