感染したと診断された時のウイルス拡散防止薬タミフル

タミフルはインフルエンザの治療予防に用いられる抗ウイルス薬です。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症です。普通の風邪と異なり、突然の高熱、関節痛、頭痛、倦怠感などが全身症状があらわれます。また咳や喉の痛み、鼻水、腹痛など約7日間続いたあと治癒に向かいます。高齢者や幼児は肺炎や気管支炎などを併発しやすく重症化するので注意が必要です。強力な感染力があり多くの人に短期間で感染が広がります。

インフルエンザの治療薬の1つにタミフルがあります。タミフルは体内でインフルエンザウイルスの拡散を防ぎ増やさないようにする薬です。インフルエンザと診断されてからではなく、症状が出てから48時間以内に服用しないと効果が低くなります。感染初期に使用する事で症状の軽減と治癒が1~2日早くなります。症状がでたら早めに医療機関を受診し診断を受けましょう。タミフルは原則として1日2回5日間の服用期間があり、症状が良くなってもウイルスは体の中に残っているので拡散防止の為にも勝手に中断しないようにしましょう。年齢体重により服用量が違うので、インフルエンザの症状がでたからといって家族がもらったタミフルを勝手に飲まず、必ず医療機関で診断を受けて下さい。特に免疫力が低い高齢者や幼児は早めに受診し、早めの服用で重症化を防ぐことができるでしょう。しかし服用後2日間は家族が目を離さないよう注意が必要です。

またタミフルはインフルエンザの予防薬としても使用することができます。家族や職場でインフルエンザと診断されている人がいる場合は、ウイルスを拡散しない為にもタミフルを早めに服用する事で予防する事ができます。しかし予防使用の場合は保険適用されないので、受験生や高齢者などは予防注射を受けておいた方が良いでしょう。